ペット保険/保障の種類


定率保障タイプ

定率保障タイプは、実際に病院で請求された医療費の50%(この割合はプランなどによって異なります)などを保障します。

イメージとしては人間の健康保険と同じような仕組みで、かかった医療費の50%を保険会社が負担し、残りの50%を自己負担することになります。

定額保障タイプのメリットは、もし病院が保険会社と提携していれば受付で割引保障を受けられることがある点です。つまり、後日改めて領収書を送る手間が省けるのです。

一方、保障額には上限がある場合が多いので、必ずいつも定率で保障されるとは限らないのがこのタイプのデメリットです。





定額保障タイプ

定率保障タイプ
実額保障タイプ



ペット保険比較TOP

(C)ペット保険比較ガイド